So-net無料ブログ作成
検索選択

幽かな彼女(かすかな彼女)あらすじ ネタバレ第5回 [幽かな彼女]

スポンサーリンク




幽かな彼女(かすかな彼女)のあらすじ ネタバレ第5回です。
New↓
かすかな彼女あらすじネタバレ最終回第11回はこちら
あらすじなので録画してこれから見る予定の人にとってはネタバレですのでご注意下さいね。
幽(かす)かな彼女は夜10時から放送です。
幽かな彼女(かすかな彼女)あらすじネタバレ第1回はこちら
幽かな彼女(かすかな彼女)あらすじネタバレ第2回はこちら
幽かな彼女(かすかな彼女)あらすじネタバレ第3回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第6回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第7回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第8回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第9回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第10回はこちら


暁(香取慎吾)のクラスの藤江俊介(萩原利久)が、体育教師の岩名(髙嶋政宏)から体罰を受けたと訴えました。
俊介は岩名に殴られたと訴えるが、岩名は体罰を否定します。
否定はするのですが、事情を聞こうとする和泉(真矢みき)に岩名は何も話しません。
校内が騒然とする中、風(柴田杏花)が逃げるように校舎を飛び出して行きます。
何か訳ありな感じです。

まもなく、俊介の両親が学校に怒鳴り込んで来ました。
和泉は、岩名が体罰を行っていないと言っている事を説明して、俊介に事実を確認して欲しいと言いますが、息子を疑うのかと両親は激怒します。

父親の藤江啓介(小木茂光)は新聞記者であり、記者さながらに、それが正式な学校側の見解なのですか、等と和泉に詰め寄ります。

翌朝、クラスメイトに囲まれ、騒ぎについて質問攻めに合う俊介。
しかし、「この事、全部親に任せてあるから」
と、冷淡な態度をしています。

そんな中、ともみ(上白石萌歌)は俊介を怖そうに避ける風の様子が気になります。
以前は俊介を馬鹿にして、見下した態度を取って辛らつな言葉を投げていたのに。

一方、殺到する抗議の電話が鳴り響き、教師たちが職員室で対応に追われていました。
生徒たちから、体罰の噂が広まってしまったらしいのです。

そして、啓介から抗議を受けた教育委員会の轟木庸一郎(加藤虎ノ介)が学校に乗り込んで来ました。
昨日の件で保護者から連絡を受けましたから。というのです。
轟木は「保護者がマスコミに公表すると言っている」と言います。
そしてマスコミが騒ぐ前に事態を沈静化させるべきだと主張し、岩名の謹慎を求めます。
和泉は岩名が体罰はしていないと言っているし、事実が何も明らかになっていないので、処分を下せないと拒否します。
しかし譲らない轟木は、事態が落ち着くまで岩名に授業をさせないよう、また、生徒と一切接触させないよう等と命じます。

俊介のケアを言いつけられた暁と千穂(前田敦子)は面談を行いますが、俊介の話は何か隠しているような曖昧な感じで要領を得ません。
廊下で殴られたと言うのに、藤江俊介のメガネはパソコン室に落ちていました。
そして俊介は、テスト勉強があるから帰りたいし、暁と千穂に呼び出された事も両親に報告するので。
と、言います。

まもなく、学校でPTAを集めた説明会が開かれました。
啓介は体罰があったと認めない和泉らを糾弾します。
うちの息子は心に深い傷を負いました、等と演説をぶったのです。
そして学校を徹底的に追及決意を訴え、保護者たちは拍手喝さいです。

事態は悪くなるばかりなのに、未だ口をつぐんだままの岩名。
暁は、「先生は体罰してないんですよね?」と聞きます。
誰かを庇っていると直感した暁は、「誰かを庇っているのではないですか?」と、
「真実を話すべきです」と言ったのですが、岩名は何も語りません。

一方、腹の痣のような刺し傷を小夜(森迫永依)に見せるアカネ(杏)。
これが死に至った原因ではないかと小夜は言い、暁に相談するよう勧めるのですが、なぜかアカネは躊躇しています。

その夜、アカネは、インターネットとかメールとか電話とかFAXがある今の世の中は素敵だと言います。
いつでも誰かと繋がっていられるから良いというのです。
電話を掛ける練習をしてみたり、元気にしています。
ただ、なんとなくカラ元気という感じです。
そして、すぐに沈んでしまったりと、いつもと様子の違うアカネに暁は戸惑います。

そんなとき、暁に、風のことで相談があると、ともみから電話が入りました。

一方、千穂(前田敦子)は教育委員会の轟木に呼び出されて、調査を頼まれます。
しかしドライな千穂(前田敦子)は教師の仕事に情熱を持っていないし調査などしたくないと断ります。
すると轟は再就職先を紹介すると言い、千穂(前田敦子)は承知します。

暁は、風の態度がおかしいのと、岩名先生と藤江俊介の体罰事件があったとき、風が学校に残っていた事、何か知っているのではないかと聞きますが、「何も知りません」と、逃げるように走って行ってしまいます。

轟木から調査を頼まれた千穂(前田敦子)は一所懸命生徒達に聞いて回りますが、体罰の事実は出てきません。

そんなある日、轟木とPTAたちが学校に来て以前の学校でのインタビューを流します。
決定的な暴力の証拠になる話しこそないものの、怖かったとか、いつも怒鳴っていたなど、ネガティブな意見ばかりでした。
それを聞いて、「やはり体罰はあったに違いない。今度こそ岩名先生に会議に出て頂いて直接話をさせる」
などと言って帰ります。

一方、教室で、葉山に藤江俊介が話し掛けると、葉山風は、「キャー!!」と叫んで逃げてしまいます。
それを追いかける香奈と暁。
すると香奈に対して、風は、「あんただって、私の事憎いと思っているくせに」と言って逃げ帰ってしまいます。

野球部の生徒達は、岩名を心配し、辞めたりしませんよね…と心細そうにしています。
生徒達に慕われているのです。
やはり体罰なんてなかったのではないか…と、それを遠くから見て感じている千穂(前田敦子)。

一方、暁が帰るとアカネがインターネットの中に入り込んで出られなくなっていました。
アカネは電話の練習もします。
暁は、アカネに、無理してはしゃいでいると言い当てます。

アカネは、刺し傷を見せて、これが自分の死んだ理由だと思うと、そして、自分が殺される程に誰かから憎しみを向けられた存在だったという事が恥ずかしくて言い出せなかったというのです。

暁は、強盗だとか何かの巻き添えだとか、色々あるんだから、そんな事言うなと、それに、俺がちゃんと調べてやるから悩むなと言います。
アカネは嬉しそうに、はい、と答えます。

アカネの、誰かから憎しみを向けられた、という事が恥ずかしかった、という言葉に何かピンと来た風の暁。


暁は朝、葉山風を待ち伏せて、先日風の言った「あんただって私の事憎んでいるんでしょ」という言葉の真意を問いただします。

そして、とうとう、事件の真相を聞くことが出来ました。

あの日、廊下で、藤江が風に「いつもいつも俺の事バカにしやがって」とカッターを出して風を傷つけようとしたというのです。
岩名はそれを偶然見かけて、止めただけだったのです。
パソコン室まで逃げる藤江を追いかけて岩名が教室に入って行ったところまでしか見ていないと言います。

暁は言います。
「葉山さんは周りの人がバカに見えるかも知れませんが、それを口に出して人の事を傷つけていたら、それは言葉の暴力なんです。」
「藤江さんのした事は許させることではありませんが、あなたも藤江さんに謝らないといけません」
と言います。

何故、その事を隠していたのかと千穂(前田敦子)に聞かれると、

葉山風は「恥ずかしかったんです。そんなに人に憎まれていたという事が

と、言います。

そして、千穂(前田敦子)と暁と一緒に、俊介のところに謝りに行く事になりました。
謝る風に、藤江は、俺だって頑張ってたいたのにいつもいつも成績が2番で、1番のお前にもバカにされて…。
と悔しかった気持ちをぶつけます。
風は素直に、ごめん!と謝ります。
そして藤江も、自分も謝りに行こうと思ってたんだと言って二人の間は解決しました。

学校に俊介の親の啓介が来て、何故PTA説明会が中止になったのだと怒っています。
轟木も一緒です。
和泉が、岩名先生が体罰を行っていないという事がはっきりしたので必要なくなったのだと説明します。

そして、事件当日の事が再現されます。

風をカッターナイフで脅していたところを岩名に見つけられ、追いかけられてパソコン室に入る俊介。
俊介は椅子につまづいて転んでしまいます。

何故あんな事したんだ、説明しなさい、という岩名に、

「親に言うんですか!!」
と、必死で言う俊介。
「必要ならな」という岩名に、
藤江は、
「父親に知られたらもう終わりだから…。
他の事なら何でもするから。
もし言ったら、死ぬから。葉山も道連れにして、死んでやる」

とまで言ったのです。

和泉から、「黙っていたのは葉山さんの安全の為に?」と聞かれた岩名は、それもあったけど、「藤江がいつか本当の事を話してくれると信じていたから」と言います。

しかし、何故そんなにまで私に知られたくなかったのかと啓介が聞くと、暁が答えます。

「あなただと許してくれないから…」

と言います。

そして俊介が家で、成績を見せると、啓介が俊介に怒っている場面です。

「また2番か、だめだなあ、ぐず。
これ以上お前をそだてている事を後悔されないでくれ」

とまで言っていたのでした。

自分の反省をするどころか、俊介をまだ怒り、岩名に、先生も人が悪い、どうせ脅しだとわかっていたくせに、などと難癖を付ける啓介に、岩名は激しく怒ります。

そして、
怒る事と叱る事は全然違う事なんだよ!
と言われ、うなだれる啓介。

職員室で、轟木に、もう少し現場を信用していただけたらと…と言う和泉。
やっと一件落着というところでした。

一方、暁の住むアパート。
304号室に住んでいた女性が指された事件があったのではないかと暁に頼まれたという管理人が調べたところ、304号室に女性が住んでいた記録すらないと話しています。

また、学校では暁が、古い教職員名簿を繰っていました。
そこには、滝沢茜 という名前が。
食い入るように見る暁。

そこで今回は終了でした。

次回の予告編では、アカネが消えてしまう?
暁が、アカネに出てきてくれよ!と呼んでいる場面が映っていました。
アカネの影響やお説教で、最近暁は再び教育に対する情熱を持ち始めたように見えていましたから、アカネに会えなくなるのは暁には痛手なのだと思います。

幽かな彼女(かすかな彼女) 来週はどうなるんでしょうか!

幽(かす)かな彼女あらすじネタバレ第1回はこちら
幽(かす)かな彼女あらすじネタバレ第2回はこちら
幽(かす)かな彼女あらすじネタバレ第3回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第6回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第7回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第8回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第9回はこちら
かすかな彼女あらすじネタバレ第10回はこちら
New↓
かすかな彼女あらすじネタバレ最終回第11回はこちら

幽かな彼女の主題歌はSMAPのJoy!!








スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

  • 有城佳音
    有城佳音

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
たぬ子の注意力散漫日記